あなたの肥満は皮下脂肪型?内臓脂肪型?

肥満には皮下脂肪型と内臓脂肪型の2種類がある

肥満には、皮膚の下に脂肪がたまる、「皮下脂肪型肥満」と、肝臓や小腸など内臓のまわりに脂肪がたまる、「内臓脂肪型肥満」の2種類があります。

皮下脂肪型肥満 

皮膚の下部にある皮下組織に脂肪が蓄積するタイプの肥満で、太ももやお尻など下半身の肉づきがよくなるのが特徴で、肥満が目立ちます。

その体型から「洋ナシ型肥満」とも呼ばれ、特に女性の場合は授乳期のたくわえとして皮下脂肪がつきやすいという性質があります。

さらに、一度ついてしまうとなかなか落ちにくいのも皮下脂肪の特徴です。


内臓脂肪型肥満

おなかだけがぽっこり出て、ほかは痩せている場合が多く、肥満が目立ちにくいのが特徴です。

腰まわりが大きくなりやすく、その体型から「リンゴ型肥満」とも呼ばれます。

血行のよい内臓や栄養の代謝に関係する臓器の周りにつくため、蓄積されるのが早いですが、分解されるのも早いため、比較的落としやすい脂肪とされています。

このタイプは男性に多く見られます。生活習慣病を招きやすくなるため、メタボリックシンドロームの診断基準には、内臓脂肪が蓄積されているかどうかが必須の項目となっています。

BMI(体重÷身長の2乗で求められる肥満度の指数)の数値では肥満ではないものの、内臓脂肪が蓄積している場合もあります。

これは、俗に「隠れ肥満」と呼ばれます。

画像の説明



 

内臓脂肪型肥満の人は注意が必要

2つの肥満のタイプの中でも、内臓脂肪型肥満のほうが生活習慣病を招く危険性が高いので要注意です。

内臓脂肪型肥満は女性よりも男性に、若い人よりも中高年に多い傾向があります。

また、次のような人がなりやすいと言われています。

・高エネルギーの食事をとる人
・お酒をよく飲む人
・たばこを吸う人
・運動不足の人

運動や食事制限によって比較的簡単に落とすことができるとされています。

体脂肪を直接エネルギーとして使う有酸素運動(ウォーキングやジョギングなど)を、積極的に行うようにしましょう。

また、食事面では、油と糖分、カロリーを抑えながら、タンパク質や食物繊維が多く含まれる食品を摂取することを心がけるようにしましょう。