プリン体の制限だけでは尿酸値は改善できない

尿酸値が高い人は、プリン体をできるだけカットした食事を摂ろうとする人が多いかと思います。

プリン体0といったようなビールも売っているので、尿酸値を気にしている人は、こういったビールを選んで飲めば大丈夫だと思っている人もいるのではないでしょうか。


プリン体は尿酸の元になる物質で、ビールや様々な食品の中に多く含まれています。

なので、こうしたプリン体を多く含むものを極力避けるようにすることが、尿酸値を下げることにつながると考えている人も多いのではないでしょうか。



しかし、必ずしもそうではありません!

なぜなら、食事からとるプリン体の量よりも、体内の代謝によってつくられるプリン体の量のほうが多いからです。

体内にあるプリン体の8割は、細胞の代謝や運動によって自己産生されたもので、食品からの摂取によるプリン体は全体の2割程度にすぎません。

なので、食事でプリン体を徹底的に制限しても、尿酸値は2割程度しか下げれないということです。



プリン体を制限しすぎると、食事もあまり楽しめなくなります。

そして、せっかくの食事療法も長続きしませんし、逆に健康維持に支障が出ることさえあります。

とはいえ、プリン体の多い食品を無制限にとっていいわけではありません。

食べ物からの摂取も減らすよう心がける必要があります。

プリン体はほとんどすべての食品に含まれているので、摂取をゼロにすることは不可能です。

画像の説明

尿酸値が高い人は、普段の食事ではプリン体の多い食品に気をつけながら、あまり神経質にならないように、全体的な食事量を減らすように心がけるようにしましょう。


プリン体の制限よりも食事の量を抑えよう!

画像の説明

尿酸値が高いと言われると、とにかくプリン体の制限をしなくてはいけないと考えがちですが、それよりもまず食事全体を見直して、食事の量を抑えるようにしなくてはいけません。

健康診断で尿酸値が高いという結果が出た人は、食べ過ぎや偏食の傾向が多くみられるようです。

高尿酸血症を改善するには、まず食事に気をつけることが大切です。

食事の量と質を見直すことがポイントになります。

食べ過ぎによる肥満は尿酸値を上げる最も大きな要因です。

尿酸値が高い人には肥満が多く、肥満の人は尿酸値が高い人が多いのが現状です。

また最近話題の内臓脂肪も尿酸値と関係があることがわかっています。

メタボリックシンドロームによって動脈硬化が進みやすくなるような状態に伴って、尿酸値も高くなっているのです。

高尿酸血症を治療する最終的な目的も、尿酸値を下げることではなく、高尿酸血症が招く病気を防ぐことにあります。

尿酸値が高いと言われたら、痛風発作や合併症を起こさないために、まずは生活習慣を見直して、食事量を抑えるようにしましょう。


尿酸値が高い人の生活習慣の改善ポイント

食事の量を抑えることがまずは先決ですが、その他にも生活習慣を改善するいくつかのポイントを紹介します。



お酒の量を減らす

ビールはプリン体が多いのは有名ですが、ビールを控えればその他のアルコールは大丈夫かというと、そうではありません。

アルコールそのものが体内の尿酸値を増やします。

なので、アルコール自体を控えるようにしなければいけません。



適度な運動をするように心がける

激しい運動はかえって尿酸値を上げることになります。

なので、ウォーキングなどの有酸素運動を日常の生活に取り入れるようにしましょう。



ストレスを発散させる

ストレスは体にとって悪いことしかありません。

尿酸値を上げる要因にもストレスは関係しています。

上手くストレスを発散させて、ためないようにしましょう。



水分を十分にとること

体内の水分不足は尿酸値を上げ、尿路結石ができやすくなります。

こまめな水分補給で、尿の量を多くしましょう。