中性脂肪を下げるために、BMIで肥満度を知っておこう

中性脂肪を下げるために、BMIで肥満度を知っておこう

中性脂肪を下げるためには、まず自分の肥満度を知っておく必要があります。

現在どれだけ太っていて、どれぐらい中性脂肪を下げなければいけないかということを把握するのです。
 
肥満とは、一概に体重が多いことをいうわけではなく、体内の脂肪が多すぎる状態をいいます。
 
なので、体重は標準でも、体内の脂肪が多い場合は肥満になります。

このような隠れ肥満の人は、自分が太っているという自覚がない場合が多いので、血清脂質の値にも注意が必要です。

画像の説明

BMIで肥満かどうかを判断する

肥満かどうかを調べるにはいくつかの方法がありますが、BMI(ボディー・マス・インデックス)を用いるのが一般的です。
 
BMI(ボディー・マス・インデックス)は、体重と身長の関係から人の肥満度を示す体格指数です。

BMI= 体重kg ÷ (身長m)2

適正体重= (身長m)2 ×22

1835年に、ベルギーの数学者・天文学者であり統計学者のアドルフ・ケトレーによって開発されました。

肥満の正確な測定が困難であるため、簡便的にBMIがよく使用されます。

またBMIと体脂肪率の間には、たいていの場合、相関が認められます。

計算方法は世界共通ですが、肥満の判定基準は国によって異なります。

日本肥満学会では、統計的にもっとも病気にかかりにくいBMI指数22を標準体重として、25以上の場合を肥満、18.5未満を低体重としています。

肥満と判定される25以上の人は、食事や運動の見直しで、正常の範囲内まで体重を減らすことが大切です。

なお、現在は家庭用の体脂肪計がかなり普及していますので、体脂肪計を利用して測定してもよいでしょう。

年齢によっても異なりますが、男性なら体脂肪率25%以上、女性なら30%以上は肥満といえます。

例えば身長170cm体重75kgの人のBMIは

BMI= 75kg ÷ (1.7m)2 =75÷ 2.89=25.95

BMIが25以上ということになりますので、肥満と判定されます。

この人の適正体重は、

適正体重= (1.7m)2×22=2.89×22=63.58

なので、63kgを目標に中性脂肪を下げることにチャレンジしましょう。

日本肥満学会の肥満度判定基準

BMI肥満度判定
18.5未満低体重(やせ)
18.5~25未満普通体重
25~30未満肥満(1度)
30~35未満肥満(2度)
35~40未満肥満(3度)
40以上肥満(4度)