中性脂肪を下げる運動とは?

中性脂肪を下げるには、食生活の改善はもちろんですが、日常的に運動を続け、
エネルギー源として体内に蓄えられた中性脂肪を消費することも大切です。

運動といっても、どんな運動をすれば効果的なのでしょうか。

運動には、無酸素運動と有酸素運動があります。

無酸素運動というのは、短距離走や筋力トレーニングなどのように、
呼吸を止めて短時間に強い力が必要となる運動です。

糖質だけからエネルギーを使うため、脂肪はほとんど消費されません。

一方、有酸素運動というのは、ウォーキングやジョギング、水泳、ダンス、サイクリングなどがあります。

深い呼吸で酸素を取り入れながら、ゆっくりエネルギーを燃やす運動です。

体内の脂肪や糖質をエネルギー源として使うため、中性脂肪を下げるのには効果的です。

つまり、中性脂肪を下げるための運動は、無酸素運動ではなくて、有酸素運動がいいのです。


有酸素運動の中でもウォーキングがおすすめ

もともと、運動はあまり好きではない人も中にはいると思います。

また、ここ最近まったく運動をしていない人もいるかと思います。

そんな人は、いくら運動が大切だからといっても、急に始めるのにはちょっと腰が重たいかもしれません。

そのような人には、ウォーキングがおすすめです。

生活に取り入れやすいことと、体にかかる負担が少ないことで、いちばんおすすめです。

画像の説明


1日30分~1時間を目標にウォーキングをしよう

有酸素運動では、運動開始から20分ぐらいたたないと、脂肪は消費されません。

なので、1日30分~1時間を目標に歩くようにしましょう。

ただ30分以上歩くだけというのは、長く感じてつまらないかもしれません。

しかし、ただ歩くだけを目的にせず、通勤やちょっと近所までに買い物に行くといった時に、取り入れてみるといいです。

電車や自転車などで移動していたのを、ちょっと歩いてみるとかして、普段の生活で歩きに変えれるところは、できるだけ歩くようにするなどして工夫してみてください。

意外にウォーキング を始めてみたら、「こんなところに、こんな店があったんだ」とか、「こんな近道があったんだ」とか、今まで気がつかなかった発見などもあり、楽しくなり2、3時間歩いていたという人もいます。

自分なりに楽しみながら歩くようにすれば、毎日歩くことが日課となってきますので、ぜひ取り入れてみてください。