中性脂肪を減らすのにEPAが効果的

EPAって何?

油というと、美容や健康には悪いというイメージが強いかと思います。

確かに一部の油は、過剰に摂取すると、肥満や生活習慣病を引き起こす原因になります。

しかし、油の中には積極的に摂取すると、血液をサラサラにしたり、血管を若返らせて、肥満や生活習慣病の予防と改善に効果があるものがあります。

その代表が、青魚に多く含まれるEPAです。

EPAとはeicosapentaenoic acidの略で、正式名称をエイコサペンタエン酸と言います。

DHAと同じく、体の健康に欠かせない必須脂肪酸です。

油は、主成分である脂肪酸の種類で3つに分類されます。

表

飽和脂肪酸と一価不飽和脂肪酸は、体内で作り出すことができます。

しかし、EPAやDHAなどが分類される多価不飽和脂肪酸は、体内では作り出すことができないため、食事から摂取しなければなりません。

なので、必須脂肪酸と呼ばれるのです。


EPAの効果

EPAには、脳梗塞や心筋梗塞などの生活習慣病の原因となる血栓が作られるのを予防し、血液をサラサラにする効果があります。

また、血液中の中性脂肪を減らすとともに、善玉コレステロールを増やし、動脈硬化を防ぐ働きもあります。

さらに、アトピー性皮膚炎や花粉症といったアレルギー症状の緩和にも有効です。

体内でアレルギー反応を促す物質の暴走を抑え、体内の脂肪酸バランスを改善してくれるのがEPAです。

このほかにも、EPAは脳や精神疾患にも有効です。

情緒を安定させて、うつ病やイライラを緩和させる効果があるとされています。

画像の説明

そんなEPAを多く含む食品は、さば、いわし、さんま、あじなどの青背魚です。

マイワシやサバ、ブリ、アジ、さんま、クロマグロの脂身などです。

その他にもブリやクロマグロの脂身などにも豊富に含まれています。

生の方がEPAを損なわずに摂取できるので、基本的には刺身などで食べる方がよいとされています。