痛風が進行すると痛風結節に注意

痛風結節ってどんなもの?

尿酸値が高い状態を放置しておくと引き起こす合併症で、痛風結節というものがあります。

これは体内で過剰となった尿酸が関節部だけでなく、皮下などに沈着し、かたまりとなる状態です。
 
かたまりの大きさや形はさまざまで、大きなこぶのように目立つものもありますし、ニキビのように小さなものもあります。
 
できる箇所もまちまちですが、比較的温度の低い肘やくるぶしなど、手足の関節部や足の甲の皮下、耳のふちなどにできやすいとされています。
 
また、尿酸の沈着は腎臓などの内臓器官に起こることもあります。
 
痛風結節は、はじめのうちは軟らかく、次第に硬くなってきます。

さわっても痛みはありませんが、放置するとだんだん大きくなってきます。

悪化すれば骨を破壊することもあるので、たいへん危険です。


痛風結節ができたら痛風はかなり進行している

画像の説明 

痛風の発作が起きても、適切な治療を受けずに、長い間そのまま放っておくと痛風結節ができます。

普通は、痛風の治療を正しく行っていれば、痛風結節が発生することはそれほど多くはありません。
 
なので、痛風結節ができるということは、尿酸値が長期にわたって高い状態ということになります。

痛風が慢性結節性痛風期にまで進行してしまっているということにもなります。


痛風結節の治療とは?

 
痛風結節の治療をするときに基本となるのは薬物療法です。

痛風結節は、手術で取り除くのが難しいので、尿酸値を下げて正常値にすることで、痛風結節の中の結晶が溶けて腎臓から排泄され、かたまりは小さくなっていきます。

痛風結節は、最初の発作が起きてから、数年から10年くらい治療をせずに放っておいた場合に起こる症状です。

また痛風が進行したからといって、必ずしも起こるわけではありません。