痛風とメタボリックシンドロームは関係ある?

最近よく耳にするメタボリックシンドローム。

太っていればメタボと、太っている人の代名詞のように使われることが多くなりました。

メタボリックシンドロームは、内臓脂肪の蓄積があり、高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病が同時に起こっている状態をいいます。

日本におけるメタボリックシンドロームの診断には、内臓脂肪の蓄積が必須条件で、それに加えて、血圧・血糖・血清脂質のうち2つ以上が基準値を超えていることが条件となっています。

内臓脂肪の診断基準は、ウエスト周囲径が、男性85cm以上、女性90cm以上とされています。

そして、この状態は、心筋梗塞や脳梗塞の原因となる動脈硬化を急速に進行させてしまうリスクがあります。


尿酸値とメタボリックシンドロームの関係性

メタボリックシンドロームの診断基準に尿酸値は含まれていません。

しかし、尿酸値が上がるとメタボリックシンドロームになりやすく、メタボリックシンドロームの人は尿酸値が高いというデータがあります。

このため、検査で尿酸値が高いことが分かった場合、血圧や脂質・血糖の値なども調べて、メタボリックシンドロームや生活習慣病のリスクがないかを調べます。

検査の結果で尿酸値のみが高い場合、生活習慣の改善のみで改善できる可能性があり、これによってメタボリックシンドロームの改善も期待されます。

しかし、そうではない場合は、そのままの状態だと、次第に動脈硬化が進行し、心筋梗塞や脳卒中などを起こしやすくなるため、たいへん危険です。

また、糖尿病なども発症しやすくなります。

高尿酸血症・痛風だけでなく、さまざまな怖い合併症を起こさないためにも、早い段階からの対処が必要です。


メタボリックシンドロームを解消しよう

メタボリックシンドロームの元である肥満を解消することが大切です。

「肥満は生活習慣病の元」とよく言われます。

実際に、肥満によって、さまざまな病気が起きてきます。

こうしたことからも、肥満解消は先決問題とも言えるでしょう。

肥満には「皮下脂肪型肥満」と「内臓脂肪型肥満」という二つのタイプがあります。

画像の説明

皮下脂肪型肥満は、おもにお尻から太ももにかけて、下半身に脂肪がついた肥満です。

女性に多く見られるタイプで、体の中ではなく表面の皮下に脂肪がつくため、内臓などにはあまり影響はありません。

生活習慣病とより深い関係があるのは、内臓脂肪型肥満です。

こちらのタイプはおなかの中、つまり内臓のまわりに脂肪が大量についてしまいます。

中年の男性に多いのが特徴です。

高尿酸血症や糖尿病、痛風などに影響するのがこのタイプの肥満です。

メタボリックシンドロームの診断基準である、ウエスト周囲のサイズが男性85cm以上、女性90cm以上となっているのは、内臓脂肪が過剰にたまっているかどうかを推定するためです。

適切なダイエットを行って、内臓脂肪を減らすようにしなければなりません。